薬を変えただけでEDがよくなった例

薬を変えただけでEDがよくなった例

 

数年前から尿の回数が増え、トイレに間に合わないで下着を尿で汚してしまったりしてしまうようになり、好きな旅行もできないでいました。

 

あるラジオの健康相談で前立腺肥大症のことを聞き、思い切って大学病院の泌尿器科を受診しました。血液検査や超音波検査といった、一通りの検査を受けた結果、やはり前立腺肥大症と診断され、アルファ受信体遮断薬の一つでるザイデナを一か月間処方されました。

 

きちんと薬を飲んでみましたがあまり症状は改善せず、一か月後主治医にそのことを伝えました。しかしその時はそのまま同じ薬を続けることを選択しました。その後も相変わらず症状はあまり改善しなかったので、思い切って薬を変えてみました。

 

その時は頻尿や尿意切迫感といった膀胱刺激症にこうかがあるといわれているアビショットに変更しました。

 

する二週間服用した時点でだいぶ改善され、されに二週間服用を続けたときにはもう旅行に行けそうなほど改善しました。このようにアルファ受信体遮断薬を変えるだけでも大きく症状が改善することがあるようです。

 

このように手術に踏み切らなくても、症状にあっているお薬を服用するだけで改善してしまうこともあるのです。

 

 

このページの先頭へ戻る